NEWS & BLOGお知らせ・ブログ

働き方

2020.8.26

【実際に仕事復帰したらどうなるの?】先輩ママから教えてもらうアンケート企画第2弾!ワイヤーママコラボ企画

【実際に仕事復帰したらどうなるの?】先輩ママから教えてもらうアンケート企画第2弾!ワイヤーママコラボ企画

こんにちは。マルルの南です。

今月もワイヤーママ様の協力のもと、働くママたちにアンケートを実施しました!

今回のお題は「子育てしながらの復職で得たもの・諦めたもの」です!

・子育てと仕事を両立にはどんな悩みがあるの?

・皆はどんな工夫で解決しているの?

・両立してみてどんなことがプラスになった?

などなど、実際に職場復帰した先輩ママの生の声から自分が復帰したときの対処法を見つけてもらったり、あるいは一歩を踏み出す勇気に変えてもらえたら嬉しいです。

アンケートは全6回を計画していて、すべてワイヤーママ様のfacebookで実施しています。

回答いただいた方から抽選で3000円分のAmazonギフト券をプレゼント中ですので、皆さんぜひご参加くださいね!

それでは本題に行きましょう!

 

CASE1.優先順位がはっきりした

親も一人の人間。初めての子育て・初めての仕事復帰で予想もつかない変化があったのではないでしょうか?もしかすると意外な自分を見つけられたり、モヤモヤする気持ちに出会ったりしているかもしれません。 



休みをもらうのも復職後すぐは言い出しにくく、37.1℃くらいの熱でも保育園に預けていたが、旦那に言われた「こどもより仕事が大事なのか」の一言で目が覚めました。

それからは職場の方には申し訳ないが、自分の子を守れるのは私しかいない!と思い休みをもらうようになった。たまに聞こえる職場の人の声は気にしなーい!!

なるほどなるほど。別のママはどうでしょう?



子どもの病気で仕事を休むときも、「ママも頑張りすぎないでね」と私の体調の心配までしてくれた職場の方々、どうしても仕事に行かなければならないとき代わりに看病してくれた母。周りの協力があってこそ働けるのだと日々実感しています。

マルルでご相談を受けているとですね、仕事もお子さんのことも両方100点満点で!と頑張っている方が多いことに気付きます。不思議なことにご本人にその自覚がないことも多いんです。

はたから見ると沢山のものを背負い込んでいるのに、責任感や周囲の声からなのでしょうか、無理をしていることに気付いていない方もいらっしゃいます。 

少し立ち止まって肩の力を抜いたり、周囲の人に助けを求めたり。そんな風にして働いてもらえたら、と我々マルルは思います。

1番目にご紹介したママのスタイルなどは、お仕事をする方にご案内する働き方の一つだったりします。

割り切って働くことでモヤモヤした気持ちを切り離して長く仕事を続けやすくなる効果があるんです。なので、遠慮なく希望の条件をお伝えください。

 私にも娘がいるのですが、先日「パパはお仕事ばっかりで、ちっとも一緒に寝てくれない」と苦言を呈されてしまいました。

家族のために頑張るは素晴らしいことですが、誰のために働いているのかを考えてみることも同じくらい大事なのかもしれませんね。

  

CASE2.高スキルな私に気付く

次のママさんのお話は「確かに」と思いました。自分がやったらとてもできない事をママ達は当たり前のようにやってくれているんですよね。 



最近よく思うのはスケジュール管理能力が高いのでは!?自分の仕事のスケジュール、夫の休みのスケジュール、小学生と幼稚園それぞれのPTA活動にも参加、4つの習い事の送迎、これらを一人で管理してうまくまわるように計画を立てる。これってすごいことなんじゃないかと、自分で自分をほめたい!

 

これはですね、すごいことだと思います。

私自身も妻の毎日を見ていて感じたことなんですが、ママたちのスケジュール管理能力はすごいですね。

聞いてみたところ、やっていれば自然とできるようになるのだとか…。今できなくても日々の積み重ねで出来るようになるよと言われ、ゴミ出し当番(定番)になった日が懐かしいですね。

こうして見てみると、ママ達がどれだけ沢山のことを同時に処理しているかが分かります。マルルにできるのは仕事のバランスを整えることだけですが、少しでも負担が減るようにお手伝いしますね。

 

CASE3.以前と同じようにできないと悩む人も…

子どもが体調を崩して休む事が多くなり、以前こなしていた業務もできないことが増えました。

こちらは復職のために諦めたことを伺った際のご回答。

以前は当たり前のように出来ていたことが思うように出来なくなってしまった…と悩んでいるとのこと。

確かに、お休みに入る前と仕事に戻った後とでは生活が大きく変わっています。以前と同じ様にできない事に、なんというか…もどかしさを感じてしまうんですよね。でも、多分できないのが当然で。もしも同じようにできる人が居たのなら、きっとその人がスーパーマンなのです。

昔と同じ…とはいきませんが、今の環境でどうやったら幸せに働けるかをご提案しますので、こうしたお悩みをお持ちの方こそご相談をしていただけると嬉しいですね。

 

CASE4.ポジティブな諦めもある

一方でスッパリと切り替えた方もいらっしゃいました。なるほど、そう考えれば仕事が忙しくても前向きに子どもたちと向き合えるかも、と思えるお話でした。



家事が完璧であることは諦めました。手作りのお菓子や、品数の多い食卓は提供できないし、掃除も行き届いていない事もあるし、申し訳ないと思った事もありますが、何もかもはできないと割り切り…。

そのかわり色んなものを見せてあげたい、経験してもらいたいと思い、演劇や舞台鑑賞、外遊び、イベント参加などは積極的に行っています!職場に連れて行ったこともあります。

 

生活のために仕事は必要で、何もかもしてあげたいけれど、できる事は限られてしまっている。そんな中でどう子ども達と接していくのか。改めて考えさせられましたね。

初めての職場復帰で不安なママがお見えになった時には、是非このお話をお伝えしたいと思います。

 

いつか働こうと思っているママ達へ

今回は、子育てをしながらの復職で得たもの・諦めたものをお伺いしました。復職した自分にどんな悩みや変化が生まれるのか、少しでもイメージしていただけたでしょうか?

次回も引き続き、「いつか働こうと思っているママ達へ」をテーマに少し未来の姿を想像するお手伝いをしていきます。皆さんが一歩を踏み出す後押しになれると嬉しいですね。

この記事を読んだ感想や こんなことを先輩ママから聞いてみたい!という質問がありましたら、問い合わせフォームからご連絡ください。

アンケート制作の参考にさせて頂きますので、ぜひぜひよろしくお願いしますね!

では、またお会いしましょう!

 

この記事を書いた人

maruru広報室

maruru広報室

保育・介護・医療専門派遣のマルル広報室です。最新のお知らせやセミナー情報など、お仕事探しから就業後まで役立つ情報をお届けします。ご相談・ご質問などお気軽にお問い合わせください。

PAGE TOP

メールでの
お問い合わせ

お問合せフォーム

お電話での
お問い合わせ

0120-288-3900120-288-390

事務所の
ご案内

MAPACCESS MAP

熊本県熊本市中央区桜町1-20
西嶋三井ビルディング14F